ホーム Korea Coin

Korea Coin

Tech Forum by Ground X (TXGX) 2019: SPIN Protocol

関数形のプログラミングを基盤としたBappの開発事例を発表 11月29日の発表は、Klaytn(クレートン)の開発チームとオンボーディングチームの内6チーム (Wemade, Rootone, Nitpick, SPIN Protocol, Temco, Zikto)が参加した。参加チームは、開発知識を共有し、高い注目を集めた。SPIN Protocolは、ブロックチェーンの開発者を対象とし、KlaytnのMainnet環境で、Bappを開発する際に効率的なコーディング方法である「関数形のプログラミング技術を活用する方法」を提示した。

SPIN Protocol、12月流通量のご案内

2019年12月に予定されている機関投資家やアドバイザーにアンロック (unlock) による、追加流通量のご案内です。 配布日:12月2日(月)15時(日本時間)12月の流通量:97,460,000 SPIN内容:機関投資家、アドバイザーのアンロック(unlock)の物量 [SPINの流通計画] 詳細な図は、SPIN...

FNB Protocol、価格安定化の為、トークンを焼却(burn)

こんにちは。Korea Coin Newsの運営者です。 前日、FNB Protocolが価格安定化の為に、トークンの焼却(burn)や、ステーキング(staking)を施行するという記事がありました。 http://koreacoinnews.com/korea-coin/fnb-protocol/fnb-protoco-burn-staking/ その記事はこちら↑ 11月からトークンを焼却をする予定でしたが、その詳細が明らかになりました。

FNB Protocol、焼却及び、ステーキング施行

訳:FNB Protocol、コイン昇格及び  FNBホルダーのステーキングの政策を施行 FNB Protocolが12月までに、三回にかけて、自社FNBコインを売入し、焼却することを明らかにした。 また、FNB Cash Leafletを通じた広告費、手数料等のコインも持続的に焼却を実施すると明らかにした。特に、11月にアップデートでは、ホルダーの為のステーキングシステムが搭載される。ステーキングとは、持分証明または委任持分証明の合意システムで作動するブロックチェーンネットワークの運営を支援する為、資産を凍結させる過程である。簡単に言うと、銀行に流動性資金を提供する口座に金を入れて、利息を受け取ることと似ているシステムを言う。一定量のFNBコインをCash Leaflet内の自分のウォレットに入れておくと、下の図のようにFNBコインが支給される。また、今度のアップデートでは、さらに高い水準のゲーム性と参加性がみられるそうだ。 最近、大型取引所への上場等を通じ、長期ホルダーの売却が当時起きてしまい、大きな下落があったが、現在は安定しながら少しずつ上昇している。これからもFNB Protocolは、実際の価値に対比し低い価値を高める為、さらに力を尽くすと明らかにした。

SPIN Protocol、3次トークンスワップのご案内

Bittrex Globalで、イーサリアムネットワークで発行されたSPINをKlaytnのメインネットに転換することになりました。詳しい内容は下記の内容をご参照ください。 取引所 : Bittrex Global BTC/SPIN (http://bit.ly/33rCrpw)入出金停止及び、スナップショットの日時 : 11月...

FNB ProtocolのCash Leafletアプリ紹介②

最近、FNB Protocolは、Bittrexや、bithumb globalに上場されて、外国の投資家が投資しやすくなっています。 また、FNB ProtocolのアプリであるCash Leafletもアップデートが続いています。本日は最近どんなアップデートがあったのかを確認してみたいと思います。 アップデートされたアプリの起動画面です。前回は背景が宇宙のようでしたが、アップデート後は地球になったようですね。

SPIN Protocol、2019年9月・10月の月刊レポート

こんにちは。SPIN Protocolです。 今度は、9月と10月の統合レポートです。 Korea Coin Newでは、開発の進行状況のみ翻訳発信しますので、原文をご確認したい方は、SPIN ProtocolのMediumぺージにてご確認下さい。 開発の進行状況

FNB Protocol、11月5日にBittrexに上場

FNB Protocolが、グローバルの暗号資産取引所「Bittrex」に5日に上場すると4日に明らかにした。 FNB Protocolは常用化アプリケーション「CashLeaflet(20万ダウンロード突破)」を通じ、フランチャイズことに前払い形式のトークンの導入と決済、統合マイレージの新たな生態系を造成している。 また、多様なプロジェクトのコインをAirdrop、FNBコインの統合商品券を販売、有名フランチャイズとの大食いチャレンジのイベント等、多様な業務の提携と実生活使用に拍車をかけている。 来週に「CashLeaflet」は、FNBホルダーの特典、トークンエコノミー政策等を発表する予定である。 イ・ナミョンチーム長は「リニューアルされたBittrexの上場で、アメリカ等の多様なスポットにFNBを知らせることになって嬉しく考えている。年内に追加で取引所の上場を知らせる。」と伝えた。

SPIN Protocol、DAPP USER DAYに参加

出典: https://onoffmix.com/event/199395 NEXUS ONEが主催するDAPP USER DAYにSPIN Protocol(スピンプロトコル)が参加します。 ソウルで開催されるので、日本の投資家は参加することはなかなかできないと思いますが、参加費無料で、韓国トップクラスホテルで食べ放題、約20万円相当の景品の抽選もあるみたいです。 何よりも、SPIN Protocolは、ユーザー為にも様々なイベントに参加している印象ですね!もちろん、技術力にも自信を持っているから参加するのでしょう。

Blockpet(ブロックペット)、ペット関連サービスにブロックチェーン?

こんにちは。Korea Coin Newの運営者です。 本日は、 ペット関連サービスにブロックチェーン技術が必要なのか? について簡単に述べたいと思います。 この点は、私がKorea Coin Newで皆さんにBlockPetを紹介する前から抱いていた疑問ですが、BlockPetが実際に取った特許に、この疑問の回答がありました。

AirDrop & Event