FNB CashLeaflet、MESH KOREAと提携協力を締結

物流ブランド「ブルーン(VROONG)」を運営しているIT基盤の物流スタートアップ「MESH KOREA」は「FNB CashLeaflet」とリアルタイム配送及び、事業協力の提携を結んだと明らかにした。

今度の提携協力を通じ、CashLeafletと連携されているお店の配送サービスを「MESH KOREA」の「ブルーン」が行う。今後、両社は配送だけではなく、多様な事業的なアレンジを共に行っていく計画である。
 
「MESH KOREA」の「ブルーン」は全国30,000余りの提携されている配送ドライバーと300余りの物流拠点である。また、配送ドライバーの休憩室である「ブルーンのサービスステーション」を基盤とし、配送サービスを提供する。
 
全国の二輪車の物量網と、自体的に開発した統合物流管理ソリューション等が強みで、配送のカテゴリーを拡大し、四輪車事業等を行っている。SSGやemart、Homeplus、Lotte Mart、McDonald等が主な顧客者である。
 
FNB CashLeafletは、F&Bフランチャイズの創業の為のプラットフォームサイト「私も社長(나도사장님)」を基盤として成長したAR広告プラットフォームで、多様な新事業に挑戦している企業である。また、最近はブロックチェーン技術を適用し、FNB Protocolをbithumb等に上場させたりもした。

特に、ブロックチェーン基盤のAR広告アプリサービスと、持続的なマーケティングを続けながら、「ブルーン」を通じた商品配送を実施し、顧客の利便性を高める計画である。また、今後CashLeaflet内で、該当ブランドを利用した店主には、FNBトークンを提供する等の特典を計画している。
 
特典としては ▲CashLeafletの会員が配送注文をする際に、リワード特典を提供 ▲消費者が注文(配送)完了後、映像をアップロードする際に、リワードの提供がある。
 
FNB CashLeaflet理事は、「総合物流企業として跳躍している「MESH KOREA」との業務提携を結ぶことになり、嬉しく考える。多様なプロモーションイベントを通じ、市場の肯定的な反応と、連結されている企業の発展に役に立つように最善を尽くす。」とコメントした。

資料提供:FNB Protocol

参考資料:FNB Protocolの韓国公式ブログ(2019年11月20日の記事)

日本語通訳:Korea Coin News

コメントを残す

Please enter your comment!
Please enter your name here