FNB Protocol、焼却及び、ステーキング施行

訳:FNB Protocol、コイン昇格及び
  FNBホルダーのステーキングの政策を施行

FNB Protocolが12月までに、三回にかけて、自社FNBコインを売入し、焼却することを明らかにした。

また、FNB Cash Leafletを通じた広告費、手数料等のコインも持続的に焼却を実施すると明らかにした。特に、11月にアップデートでは、ホルダーの為のステーキングシステムが搭載される。

ステーキングとは、持分証明または委任持分証明の合意システムで作動するブロックチェーンネットワークの運営を支援する為、資産を凍結させる過程である。簡単に言うと、銀行に流動性資金を提供する口座に金を入れて、利息を受け取ることと似ているシステムを言う。

一定量のFNBコインをCash Leaflet内の自分のウォレットに入れておくと、下の図のようにFNBコインが支給される。また、今度のアップデートでは、さらに高い水準のゲーム性と参加性がみられるそうだ。


最近、大型取引所への上場等を通じ、長期ホルダーの売却が当時起きてしまい、大きな下落があったが、現在は安定しながら少しずつ上昇している。これからもFNB Protocolは、実際の価値に対比し低い価値を高める為、さらに力を尽くすと明らかにした。

当システムは、11月21日から適用され、焼却は年内に終わらせる予定だと明らかにした。

FNB Protocolのイ・ナミョンチーム長は、「韓国内外の大手取引所に上場を通じ、流動性と拡張性を高めながら、FNB焼却とホルダーの優待政策を通じ、FNB投資家の資産の価値保護及び、利益還元に力を尽くす。」と明らかにした。

訳: (最上段の紺色の枠)
  等級     等級の名称        加入条件[FNB]     FNBの年利息  FNBの月利息 商品券の購買券

資料提供:FNB Protocol

参考資料:FNB Protocolの韓国公式ブログ

日本語通訳:Korea Coin News

コメントを残す

Please enter your comment!
Please enter your name here