FNB Protocol(CashLeaflet)、会員数2千万人の「中古の国」とMOUを締結

FNB CashLeafletが、韓国最大の中古商品の取引プラットフォームであるある「中古の国(중고나라*メルカリと近いプラットフォーム)と業務提携を結び、共同マーケティングを行う。

「中古の国」は2003年にNaverのネットカフェから始め、モバイル・アプリまで発展し、約2千万人の会員登録がある。現在まで約180憶ウォンの投資を受けた程、事業の潜在能力が認められている国内最大の中古商品の取引プラットフォームである。

FNB CashLeafletは、ブロックチェーン基盤のAR広告アプリサービスと持続的なマーケティングを続けて行う。また、「中古の国」を利用する消費者と業者に映像イベントを通じたキャンペーンを支援することや、参加者にもFNBトークンを無償で支給する等の多様なコラボイベントを協議し行う予定である。

さらに、FNBのエスクローサービス(escrow service)を導入し、消費者の間で透明な取引の活性化を成立し、中古取引の口コミ等を通じてもリワードを支援する等の多様なメリットを提供するという計画である。

FNB CashLeafletのチェ・ヨンチョル理事は「総合B2C企業として飛躍している「中古の国」と業務提携を結ぶことになり嬉しく考える。両社が消費者の為に多様なプロモーションイベントを通じ、市場に肯定的な反応、共に企業の発展に役に立つように最善を尽くす。」と伝えた。

資料提供:FNB Protocol

参考資料:FNB Protocolの韓国公式ブログ

日本語通訳:Korea Coin News

コメントを残す

Please enter your comment!
Please enter your name here