FNB Protocol、世界初のオフラインで使用できる商品券を発行

FNB Protocolが、モバイルコマース専門企業であるSMARTCONと共に、全国の有名フランチャイズで直接決済できる統合商品券を発行すると明らかにした。

FNBの統合商品券は、DAppであるCashLeafletを通じ、フランチャイズブランド(GS25、TOM N TOMS、Caffebene、イチャドル等)の全国10,000余りの店舗で決済できるシステムで、9月末に国内の大型ソーシャルコマースを通じ、消費者に直接販売する予定だ。

国内の大型ソーシャルコマースで販売し、大企業ブランとの全国店舗で直接使用できるようになったことも、業界の中では初めて試みる分野で、信頼性と技術力等多くの準備と検証が必要な部分だ。

また、今後は、さらに多くのオン・オフライン店舗で直接決済できるシステムと、ブランド営業にさらに拍車をかける予定であり、持続的に販売も続けていくそうだ。

FNB Protocolは、「韓国のアイドルであるママムをモデルとした自体常用化アプリのFNB CashLeafletが最近15万ダウンロードを超えて、多様なCF映像とYOUTUBEを通じて広報も200万ビューを超えた。」と伝えた。

続いて、「今度のFNB統合商品券を1次販売後、Tik Tok、Toss等の多様な媒体と提携マーケティングを準備しており、今度の販売を通じ、業界はもちろん、全世界的においても最も早い常用化に成功した事例になるはずだ」と抱負を明らかにした。

資料提供:FNB Protocol

参考資料:FNB Protocolの韓国公式ブログ

コメントを残す

Please enter your comment!
Please enter your name here