Blockpet、ペットが仕事する会社「PetCompany」がリリース

ペットのコミュニティプラットフォームであるBlockpetは、去年オン・オフラインのベターテストを通じ、飼い主から意見を募り、新たにアップデートされたブロックチェーンのBAppサービス「PetCompany」を4日にリリースした。

「PetCompany」はペットの株式会社で、ペットが入社し、楽しい業務に務めることで、給与口座(暗号資産ウォレット)に給与が貯まるコンセプトである。ここで「給与」とは、Blockpetのトークンエコノミーを基盤としたBPT(Blockchain Pet Token)である。以前、BlockpetのBappで、ブロックチェーンの概念が分からず、難しく感じた利用者の為、「ペットが務めている会社」というコンセプトで、「活動」と「リワード」の概念が理解しやすくできるように構成した。また、他のSNSアプリケーションとの差別化の為、ミッションのように与えられる業務を遂行する構成で、ゲーム性を加え、ゲーミフィケーション(Gamification)を導入した。

Blockpetは、Klaytnのサービスパートナーで、「PetCompany」の素早く、安定的なサービスの為に、カカオのブロックチェーン技術系列社「Grond X」が開発したパブリックブロックチェーンプラットフォーム「Klaytn」のメインネットでサービスを運営している。

Blockpetの朴代表は「去年1年間、BAppサービスとペットの身元認証技術の高度化等に集中した。また、新たにリリースした「PetCompany」のBAppでより楽しいペットのコミュニティサービスが提供できるようになってかなり嬉しい。」と言った。

さらに「「PetCompany」のリリースイベントイベントで、クラウドファンディングのプラットフォームを通じ、ペットのマナー教育のファンディングも始めた。今度のペットのマナー教育は、幸せなペット文化を作り為のBlockpetの主なプロジェクトの中の一つ。」だと加えた。


資料提供:Blockpet

原文:https://www.fnnews.com/news/202005051345356562(韓国語)

日本語翻訳:Korea Coin News

コメントを残す

Please enter your comment!
Please enter your name here