SPIN ProtocolのTシャツを着て、大阪梅田にある「ETUDE HOUSE」に行ってみた!

こんにちは。Korea Coin Newsの運営者です。

本日は、あんまり重要な情報ではありませんが、SPIN Protocolと緊密な協力をしていると思われる「ETUDE HOUSE」の話をしてみたいと思います。

出典:SPIN Protocolの公式ホームページ

「ETUDE HOUSE」は、SPIN ProtocolのUse Case Partnerでもあります。多くのパートナーの中でも1行目の1番左に位置していますね。これは、もしかしたら、「ETUDE HOUSE」とSPIN Protocolの緊密な関係を意味しているのかもしれません。

実際に、最近行っている 「対国民セレブマーケットオーディション」 の2次予選では、 「ETUDE HOUSE」の商品で予選を行うみたいです。詳しい内容については今度アップします。

とにかく、「ETUDE HOUSE」は、「AMOREPACIFIC」の子会社で、韓国の20代や30代が好む韓国トップの化粧品製造/販売ブランドです。また、「ETUDE HOUSE」は日本にも出店していて、日本の女性にも人気がある化粧品ブランドです。さらに、今年11月には神戸と渋谷にも出店するそうです。

それで、実際に日本では、どれぐらい人気があるのかが気になって、大阪梅田ESTにある「ETUDE HOUSE」に行ってみることにしました!

SPIN ProtocolのTシャツを着て行ってみました。この服を着て、大阪と京都によく出没するので、見かけたら是非声をかけて下さい。このTシャツは、まだ日本に1枚しかないので、絶対Korea Coin Newsの運営者だと思います。許諾は得ていませんが、SPIN ProtocolのチームからAirdropがあるかもしれません。ダメだったら、私がAirdropを差し上げます。(SPIN Protocolチーム、怒らないで下さいねw)

9月10日火曜日13時39分に撮った写真です。平日の中途半端な時間なのに、20代に見える女性のお客さんが数人いました。

この写真は同じ日の17時51分に撮った写真です。実際にどれぐらい人気があるのか、時間をおいて確認してみたくてもう1回行ってみました。恐らく仕事帰りの30代に見える女性が結構いました。とにかく、平日なのに、「ETUDE HOUSE」の人気はすごいなと実感できました。週末ならもっと多いはずでしょう。

全てのお客さんが女性だったし、日本の「ETUDE HOUSE」では、メンズ向けの商品は販売していなさそうです。その為、入りづらくて、結局近くで商品を見るのは諦めました。

とにかく、SPIN Protocolは日本に進出も計画しているし、「ETUDE HOUSE」と緊密なパートナーだと思うので、日本の「ETUDE HOUSE」でSPINトークンが使えるようになったらいいなと思ってみました。もうすぐ一般使用者向けのSPIN Protocolのウォレットもリリースされるので、「ETUDE HOUSE」ではなくても、他ブランドの実際の店舗でSPINトークンが使えるようになってほしいです。

もちろん、私はSPIN Protocolのチームメンバーではないので、希望に過ぎませんけどね。憶測だけど既に準備中かな?

ご閲覧頂きありがとうございました。

コメントを残す

Please enter your comment!
Please enter your name here