Tech Forum by Ground X (TXGX) 2019: SPIN Protocol

関数形のプログラミングを基盤としたBappの開発事例を発表

11月29日の発表は、Klaytn(クレートン)の開発チームとオンボーディングチームの内6チーム (Wemade, Rootone, Nitpick, SPIN Protocol, Temco, Zikto)が参加した。参加チームは、開発知識を共有し、高い注目を集めた。SPIN Protocolは、ブロックチェーンの開発者を対象とし、KlaytnのMainnet環境で、Bappを開発する際に効率的なコーディング方法である「関数形のプログラミング技術を活用する方法」を提示した。

「関数形のプログラミングは、プログラマーの中で注目を集めている効率的なコーディング技術だが、そのメリットや開発方法を知っている人は珍しい。なお、実際にオンボーディングされているプロダクトのレベルで適用させ、コーディングされた事例は見たことがない。」と言った。また、Klaytnの開発者の為にある規約内容を遵守しながら活用した事例は見たことがなく、多くの開発者に共有したことに意味深いという反応であった。

実際に開発する際に活用ができるように、直接に開発したコードを例として挙げながら、メリットとデメリットを紹介した。SPIN Protocolは、Klaytnのmainnetである「Cypress」の6月末のロンチングと同時にオンボーディングし、初めてBapp内で精算する為のB2B専用のウォレットを開発し、ロンチングした。関数形のプログラミング秘術は短い開発期間内に開発の要求事項とクリアする為に導出され、適用した結果、向上された生産性のコーディング方法として開発ができた。

資料提供:SPIN Protocol

参考資料:SPIN Protocol Medium

日本語翻訳:Korea Coin News

コメントを残す

Please enter your comment!
Please enter your name here