韓国NO.1取引所UPbitがハッキング被害の公表

出典: https://upbit.com/service_center/notice?id=1085

11月27日午後5時頃、韓国NO.1取引所であるUPbitからハッキング被害の公表がありました。厳密に言うと、「ハッキング」という言葉は使っていませんが、UPbitのホットウォレットのイーサリアムが未確認アドレスに移動されたことが公表されました。

その後、全ての暗号資産の入出金停止が停止されて、韓国の暗号資産界ではよく使われている言葉である、いわゆる「カドゥリ(意味、養殖)」状態になっています。この影響でUPbit内のアルトコインの価格が外国より高い傾向を見せています。

出典: https://etherscan.io/address/0xa09871AEadF4994Ca12f5c0b6056BBd1d343c029

とにかく、今回のハッキングは、UPbitとしては初めてのハッキング被害です。被害額は、342,000ETH(約53億円)です。ハッキングの公表があってから、イーサリアムが少し下落しましたが、 11月28日午前2時現在は、むしろイーサリアムだけではなくて暗号資産全体的に反騰しています。一時的には世界トップの取引高を記録したこともあるUPbitでしたが、もう暗号資産界への影響力が少なくなった気がします。また、ハッキングされているイーサリアムが、まだ移動されていないことも市場に影響がなかった理由でしょう。これからこのイーサリアムがどうなるのかも気になりますね。

今回のハッキングは、一般投資家の被害は全くなくてよかったですが、安心して投資できる取引所はないということをもう一回再確認させてくれました。絶対安心だとは言えませんが、OTP設定は忘れないようにして下さいね!

ご閲覧頂きありがとうございました。

コメントを残す

Please enter your comment!
Please enter your name here