ホーム タグ BlockPet

タグ: BlockPet

PetCompany(ペットコンパニ-)が誕生します!

こんにちは。Korea Coin Newsの編集長です。 ブロックチェーンを基盤としたペットプラットフォームBlockPet(ブロックペット)が、来月完全生まれ変わってリリースされます! 日本語版もリリース(3月予定)されることはもちろん、日本でも正式サービスが始まります!

NIPA、ブロックチェーン技術を活用した優秀サービス発掘の事例を共有

出典: http://www.itdaily.kr/news/articleView.html?idxno=98980 情報通信産業振興院(以下、NIPA)は、ソウルにあるCOEXで「2019年度ブロックチェーン成果共有会」を開催したと18日に明らかにしました。 今度のイベントでは、NIPAが施行した2019年度ブロックチェーン専門企業の育成事業の成果を共有する為だそうです。 ブロックチェーンの技術検証(PoC)支援事業には、BlockPet(ブロックペット)も参加しました。 「ブロックチェーン及び個体身元認証技術を活用した遺棄犬の効率的な登録と管理システム」を開発したBlockPetは、韓国投資会社の投資誘致と共に、大手企業のパートナー社として選ばれたこと等の成果を共有したそうです。

Klaytn Dapp Report BlockPet(ブロックペット)

ブロックチェーン専門メディアである「CoinNess」から、Klaytn(クレートン) Dappの中で BlockPet(ブロックペット)のレポートが11月18日に公開されました。本日はそのレポートの一部を皆様に紹介したいと思います。 原文:코인니스X클레이튼 댑리포트 Vol 6 블록펫 (訳:CoinNess X Klaytn...

Blockpet(ブロックペット)、ペット関連サービスにブロックチェーン?

こんにちは。Korea Coin Newsの運営者です。 本日は、 ペット関連サービスにブロックチェーン技術が必要なのか? について簡単に述べたいと思います。 この点は、私がKorea Coin Newで皆さんにBlockPetを紹介する前から抱いていた疑問ですが、BlockPetが実際に取った特許に、この疑問の回答がありました。

Dapp.comでSPIN Protocol(スピンプロトコル)が1位、BlockPet(ブロックペット)が参加

こんにちは。Korea Coin Newsの運営者です。 本日は、Dappの情報分析サイト「Dapp.com」の話をしたいと思います。 出典: https://www.dapp.com/ja/dapps/Klaytn 最近「Dapp.com」で「Klaytn」に対応するという記事がありました。もちろん、Klay(Klaytnのコイン)に対応するわけではありませんが、「Dapp.com」で「Klaytn」のDappの情報が確認できるようになりました! 「Dapp.com」は、ブロックチェーンのDappを活用するプロジェクトで、Ethereum、EOS、Steem、TRON、TomoChain、IOST、Klaytn、LINO、NEOを基板とした3,000以上のDappを探したり、分析できるプラットフォームです。

BlockPet(ブロックペット)、ペットタクシー「Petmeup」と提携

ブロックチェーンを基盤としたペットのソーシャルコミュニティプラットフォーム「BlockPet」と、ペットタクシーサービスを運営中である「(株)ナトゥスピン」が業務提携 ブロックチェーンを基盤としたペットのソーシャルコミュニティプラットフォーム「BlockPet」は、ペットタクシーサービス「Petmeup」の運営社である「(株)ナトゥスピン」と業務提携したと1日に明らかにした。 今回の業務提携により、BlockPetプラットフォームの利用者達が、コミュニティ活動を通じて貯めたBlockPetトークンをペット専用タクシー「Petmeup」を利用する際、使用できるように開発する計画だ。 (左) Petmeup パク・ナラ代表、(右) BlockPet パク・ヒクン代表

BlockPet(ブロックペット)、カカオのKlaytnのメインネットに移転

こんにちは。Korea Coin Newsの運営者です。 本日は、Korea Coin Newsにて紹介しているBlockPetの話です。 ブロックチェーンを基盤としたペットのコミュニティプラットフォームであるBlockPetが、既存EOS基盤であったプラットフォームを、Klaytnのメインネットに移転したと18日に明らかにしました。 BlockPetの朴代表は、「メインネットの移転は、Klaytnとの事業提携、及び共同生態系の構築の為の踏み台になり、Klaytnサービスのパートナーとして、業界の関係者や投資家などから多くの注目を浴びている。BlockPetは、Klaytnのメインネットへの移転を通じ、安定的なサービスでコミュニティの拡散と正しいペットのコミュニティ生態系を作り出していく。」と話したそうです。

BlockPet(ブロックペット)、犬の鼻紋による身元認証が可能?

こんにちは。Korea Coin Newsの運営者です。 本日は、犬の鼻紋による身元認証が可能なのかについて簡単に述べたいと思います。 個人的には、ペットを飼ったことがないので、全く知らない分野ですが、少し調べたところ、実際に、鼻紋による身元認証は可能らしいです。 連関記事:リクルートテクノロジーズ、犬の鼻紋写真による個体識別実験を開始 鼻紋は、人の指紋と同様に経年変化がなく、一卵性双生児でも異なる模様なので、個体識別への活用が可能だが、日本では畜産業界(和牛)でしか用いられておらず、その方法もインクと和紙を使用したアナログなものが主流だった。

BlockPet(ブロックペット)のアプリケーションのご紹介

こんにちは。Korea Coin Newsの運営者です。 本日は、BlockPetのスマートフォンアプリケーションを軽く紹介してみたいと思います。 このアプリで何ができるのかを軽く説明してみたいと思いますが、まだ、全ての機能は利用できませんので、現段階ではあくまで参考までして下さい。 まず、ペットの身元認証が可能です。ペットの鼻の形と顔面情報を収集して、アルゴリズムによって個体を識別する為に活用されるそうです。ペット身元認証を通じて、ユニックなIDを生成し、BlockPetのウォレットを作り出す機能は、既に特許出願されているそうです。≺特許登録番号:10-1984758-0000>

BlockPet(ブロックペット)を紹介することになりました。

こんにちは。Korea Coin Newsの運営者です。 本日は、これからKorea Coin NewsにてBlockPet(ブロックペット)を紹介することになったことをお知らせします。 BlockPetのロゴ BlockPetは、実質的なリワードシステムを備えたブロックチェーン基盤のソーシャルメディアのペットコミュニティプラットフォームです。ペット情報の脱中央化、及びコンテンツ価値の正当な再分配を通じて、ペット産業の健全な成長と成熟なペット文化の定着の為に、誕生したそうです。