ホーム タグ FNB Protocol

タグ: FNB Protocol

Cash Leafletアプリ紹介④(ARバスケットボール編)

こんにちは。Korea Coin Newsの編集長です。 本日は、FNB ProtocolのCash Leafletアプリ紹介④、ARバスケットボール編です。 ARバスケットボールは、ボールを下から上にスライドして、ボールを飛ばします。連続で決めたらボーナス点数がもらえます。一定の点数が超えたらLv.アップしますが、Lv.が高いほど高い景品のピースが一つもらえます。

FNB ProtocolのCash Leafletアプリ紹介③(マイニング編)

こんにちは。Korea Coin Newsの編集長です。 本日は、FNB ProtocolのCash Leafletアプリの三番目紹介、マイニング編です。 Cash Leafletは、暗号資産のマイニングができます。厳密にいうと、マイニングではなく、既に流通されている暗号資産を探すという感じです。 上記のイメージでは、なかなか見えませんが、地図上には暗号資産のアイコン(ロゴ)があります。1月13日基準で、FNB...

FNB ProtocolのCash Leafletアプリ紹介②(モンスター編)

こんにちは。Korea Coin Newsの編集長です。 本日からは、FNB ProtocolのCash Leafletアプリの中身を紹介したいと思います。 本日は、iOS版のCash Leafletで、モンスターとの戦いを中心に確認してみますが、iOS版とAndroid版の違いがあるかもしれません。また、日本でアプリを起動するので、韓国で起動する際と、異なる点もあるかもしれません。この点については、予めご了承ください。相違点が確認でき次第、更新します。 ローディング画面がリニューアルされています。左の方が通常の画面で、右の方がシーズン限定です。

FNB Protocolの「Cash Leaflet」アプリ紹介①(基礎編)

こんにちは。Korea Coin Newsの編集長です。 本日は、bithumb GLOBALに上場されているFNB ProtocolのAR広告プラットフォームアプリ 「Cash Leaflet」について紹介したいと思います。 「Cash Leaflet」はiOS版とAndroid版が両方あります。しかし、両方とも地域設定が日本だとダウンロードができません。もちろん、地域設定を若干いじれば、ダウンロードすることはできますが、韓国の携帯番号で認証を取らないと会員登録ができないので、現実的に日本の方が使える方法はまだありません。

FNB CashLeaflet、MESH KOREAと提携協力を締結

引用:https://cafe.naver.com/cashleaflet/10909 物流ブランド「ブルーン(VROONG)」を運営しているIT基盤の物流スタートアップ「MESH KOREA」は「FNB CashLeaflet」とリアルタイム配送及び、事業協力の提携を結んだと明らかにした。 今度の提携協力を通じ、CashLeafletと連携されているお店の配送サービスを「MESH KOREA」の「ブルーン」が行う。今後、両社は配送だけではなく、多様な事業的なアレンジを共に行っていく計画である。 「MESH KOREA」の「ブルーン」は全国30,000余りの提携されている配送ドライバーと300余りの物流拠点である。また、配送ドライバーの休憩室である「ブルーンのサービスステーション」を基盤とし、配送サービスを提供する。 全国の二輪車の物量網と、自体的に開発した統合物流管理ソリューション等が強みで、配送のカテゴリーを拡大し、四輪車事業等を行っている。SSGやemart、Homeplus、Lotte Mart、McDonald等が主な顧客者である。 FNB CashLeafletは、F&Bフランチャイズの創業の為のプラットフォームサイト「私も社長(나도사장님)」を基盤として成長したAR広告プラットフォームで、多様な新事業に挑戦している企業である。また、最近はブロックチェーン技術を適用し、FNB Protocolをbithumb等に上場させたりもした。 特に、ブロックチェーン基盤のAR広告アプリサービスと、持続的なマーケティングを続けながら、「ブルーン」を通じた商品配送を実施し、顧客の利便性を高める計画である。また、今後CashLeaflet内で、該当ブランドを利用した店主には、FNBトークンを提供する等の特典を計画している。 特典としては ▲CashLeafletの会員が配送注文をする際に、リワード特典を提供...

FNB CashLeaflet、「GOLFZON」と業務提携

訳:업무제휴=業務提携 FNB CashLeafletは、最近、韓国内スクリーンゴルフの代表的なブランドである「GOLFZON」と業務提携を結び、共同プロモーションを進行すると明らかにした。 「GOLFZON(KOSDAQ215000)」は、GOLFZONパーク加盟店の運営及び、ゴルフゾーンシミュレーターの専門企業で、現在韓国内4,900以上のスクリーンゴルフ店舗で、GOLFZONシステムを使用中である。 FNB CashLeafletは、2020年1月13日~2月12日の間に「CashLeafletのスポンサーシップの風船イベント」を通じ、「GOLFZON」会員にAPPを知らせたり、FNBのファミリーブランド(ノルブ・ピザマル・ソルビン・イチャドル等)のモバイル商品券をイベントの景品で提供する予定だと明らかにした。 資料提供:FNB Protocol

FNB Protocol、価格安定化の為、トークンを焼却(burn)

こんにちは。Korea Coin Newsの運営者です。 前日、FNB Protocolが価格安定化の為に、トークンの焼却(burn)や、ステーキング(staking)を施行するという記事がありました。 http://koreacoinnews.com/korea-coin/fnb-protocol/fnb-protoco-burn-staking/ その記事はこちら↑ 11月からトークンを焼却をする予定でしたが、その詳細が明らかになりました。

FNB Protocol、焼却及び、ステーキング施行

訳:FNB Protocol、コイン昇格及び  FNBホルダーのステーキングの政策を施行 FNB Protocolが12月までに、三回にかけて、自社FNBコインを売入し、焼却することを明らかにした。 また、FNB Cash Leafletを通じた広告費、手数料等のコインも持続的に焼却を実施すると明らかにした。特に、11月にアップデートでは、ホルダーの為のステーキングシステムが搭載される。ステーキングとは、持分証明または委任持分証明の合意システムで作動するブロックチェーンネットワークの運営を支援する為、資産を凍結させる過程である。簡単に言うと、銀行に流動性資金を提供する口座に金を入れて、利息を受け取ることと似ているシステムを言う。一定量のFNBコインをCash Leaflet内の自分のウォレットに入れておくと、下の図のようにFNBコインが支給される。また、今度のアップデートでは、さらに高い水準のゲーム性と参加性がみられるそうだ。 最近、大型取引所への上場等を通じ、長期ホルダーの売却が当時起きてしまい、大きな下落があったが、現在は安定しながら少しずつ上昇している。これからもFNB Protocolは、実際の価値に対比し低い価値を高める為、さらに力を尽くすと明らかにした。

FNB Protocol、11月5日にBittrexに上場

FNB Protocolが、グローバルの暗号資産取引所「Bittrex」に5日に上場すると4日に明らかにした。 FNB Protocolは常用化アプリケーション「CashLeaflet(20万ダウンロード突破)」を通じ、フランチャイズことに前払い形式のトークンの導入と決済、統合マイレージの新たな生態系を造成している。 また、多様なプロジェクトのコインをAirdrop、FNBコインの統合商品券を販売、有名フランチャイズとの大食いチャレンジのイベント等、多様な業務の提携と実生活使用に拍車をかけている。 来週に「CashLeaflet」は、FNBホルダーの特典、トークンエコノミー政策等を発表する予定である。 イ・ナミョンチーム長は「リニューアルされたBittrexの上場で、アメリカ等の多様なスポットにFNBを知らせることになって嬉しく考えている。年内に追加で取引所の上場を知らせる。」と伝えた。

FNB Protocol、BITTREXに上場

訳:FNB、BITTREXに上場 FNB Protocolが、グローバルの暗号資産取引所である「BITTREX」に追加上場すると明らかにした。韓国内の大型取引所と連動して運営され、韓国内でも人気の高い取引所である。 「フード&ビバレッジ」、「フランチャイズ&ブロックチェーン」がもとで、アイドルグループをモデルとして起用する破格的なマーケティングを行っている。また、外国でも有名なフランチャイズとの業務提携を通じ、実生活はもちろん、実際にオフラインでの決済まで実行されているプロジェクトとして大きな脚光を浴びている。生態系の活性化の為の常用化アプリ「FNB CashLeaflet」は、20万ダウンロードを突破する等、業界内の新たな生態系を造成している。 FNB Protocolのイ・ナミョンチーム長は「「bithumb」と「bithumb Global」に続き、韓国内はもちろん、外国の大型取引所に持続的に上場され、FNBコインが更に大衆化できて嬉しく思う。今年、全世界の5位圏の取引所に追加上場する等、更に拍車をかける予定だ。」と計画を明らかにした。